商品番号:505203 / 商品カテゴリー:クラシック オムニバス / 商品種別:CD(国内盤)


 
 
数量
商品名
クラシック オムニバス CD(国内盤)
mellow〜green
feel the music, feel the nature――音楽から感じ取る自然の暖かさ。 人気作曲家 池辺晋一郎氏の推薦文付き! 透明トレイの雰囲気あふれる美麗ジャケット。
演奏
various
指揮

レーベル:カメラータ・トウキョウ CMCD 18002
販売価格:1944 円(税込)
在庫状況:無し (取り寄せ)

当方入荷までの目安(国内発注):約2〜4営業日
当方入荷までの目安(海外発注):海外発注はありません
 
ご注文いただいてからの、お取り寄せとなります。
※ご注文の際は、事前に「ご利用案内」もお読み下さい。

■収録曲■

[1] ヴィヴァルディ:春(アレグロ)
  (ヴァイオリン協奏曲集 作品8-1 より第1楽章)

[2] ルビンシテイン:ヘ長のメロディ

[3] クライスラー:愛の喜び

[4] ショパン:コントルダンス 変ト長調

[5] モーツァルト:俺は鳥刺し(歌劇『魔笛』より)

[6] モーツァルト:ファゴットとチェロのためのソナタ
  変ロ長調 K.292より第3楽章

[7] ショパン:ワルツ 第2番 変イ長調 作品34-1 「華麗なる円舞曲」

[8] ブリッチャルディ:ヴェニスの謝肉祭

[9] シューベルト:アレグロ・ジュスト
  (ソナチネ ト短調 D.408 作品137-3より)

[10] ショパン:木枯らし(エチュード イ短調 作品25-11)

[11] サン=サーンス:ファゴットとハープのためのソナタ
   作品168より 第1楽章

[12] ドビュッシー:アラベスク 第1番

[13] 池辺晋一郎:コンチェルティーノ 第1番より第1楽章

[14] バティック:パノニアン・ロマンス

[15] J.レノン & P.マッカートニー(西村 朗 編曲):ミッシェル

[16] フォーレ:夢のあとに


■メーカー、出版社、作編曲家等からのコメント■

■ 演奏者
ジェラール・ジャリ(ヴァイオリン)[1][3]
ジャン=フランソワ・パイヤール(指揮)[1]
パイヤール室内管弦楽団 [1]
海老彰子(ピアノ)[2]
ダリア・オヴォラ(ピアノ)[3]
エドワード・アウアー(ピアノ)[4][7]
ヴォルフガング・シュルツ(フルート)[5]
ウィーン弦楽四重奏団 [5][15]
ミラン・トゥルコヴィッチ(ファゴット)[6][11]
タマーシュ・ヴァルガ(チェロ)[6]
ウィリアム・ベネット(フルート)[8]
クリフォード・ベンソン(ピアノ)[8]
ウェルナー・ヒンク(ヴァイオリン)[9]
遠山慶子(ピアノ)[9]
岡田博美(ピアノ)[10]
セキュエラ・コスタ(ピアノ)[12]
篠崎功子(ヴァイオリン)[13]
斎木ユリ(ピアノ)[13]
ローランド・バティック(ピアノ)[14]
漆原朝子(ヴァイオリン)[16]
ゲアハルト・ゲレットシュレッガー(ピアノ)[16]

■さわやかな風、生い茂る木々、緑り豊かな高原や山々。■そういった風景を見ていると、いつの間にか心が安らいできます。■このgreenには、そんな明るくさわやかで、軽やかな音楽がセレクトされました。■ファゴットの響きを聴くと、なんだか広い高原に立っているような、フルートの音色で一瞬森の中にいるかのような、そんな気分にさせてくれるかもしれません。

 音楽から感じ取る自然。それはもしかしたら、本当の音楽の在り方なのかも知れません。今、私たちの周囲には多くの音楽があふれ、その形態は様々です。しかし、本来の音楽は、私たちが生活を営む上で必要なものとして存在しました。海へ漁に出かけた時の網を引き上げる掛け声、森の中で狩をする時の合図、大地の実りに感謝する祈り。そういったものが今の音楽の始まりでした。そこで、これまでの「クラシック音楽」という枠組み、あるいは固定観念を少しだけ取り外し、音楽を通して自然のつながりを感じたり、あるいは自然の風景をイメージしたりする音楽を、既存の音楽を用いて体験することはできないだろうか、と思い今回の「mellow」シリーズが完成しました。

 “mellow”とは、時とともにワインやフルーツなどがじっくりと熟成された状態を表したり、音楽・声・景色が美しく、心地よい気分にさせてくれる瞬間を意味したり、そんな贅沢な時間、気持ちの良い瞬間を表す言葉です。
 ゆったりとした時間と空間を与えてくれるmellowな音楽に耳を傾けて、ほんのひと時、mellowな時間を過ごしてはみませんか?
 これまでにも数多くリリースされてきた「ヒーリング系」、「癒し系」といったものとは趣が異なり、この「mellow」シリーズは、mellowという言葉をキー・ワードに、音楽を通して聴く人にイメージを抱かせる目的で選曲。そのイメージとは、“mellow”という言葉にぴったりとあてはまる自然の風景です。
 その音楽を聴く人が、どのような自然の風景をイメージするのか、あるいはどのようなイメージを求めているのか、より分かりやすくするために、mellowシリーズをさらに3つのカラーで区別しました。