商品番号:505705 / 商品カテゴリー:吹奏楽 / 商品種別:CD(輸入盤)


 
 
数量
商品名
吹奏楽 CD(輸入盤)
レイディアント・ブルース: チャールス・L・ブッカー Jr.作品集 Volume 4 RADIANT BLUES: MUSIC OF CHARLES L. BOOKER JR. VOLUME 4

演奏
various
指揮

レーベル:Mark Custom MCD 9574
販売価格:2376 円(税込)
在庫状況:無し (取り寄せ)

当方入荷までの目安(国内発注):約2〜4営業日
当方入荷までの目安(海外発注):約3週間 (予定)
 
上記記載の「当方入荷までの目安(海外発注)」の期間は、当方からのオーダー先である国内取次店における「次回発注時からの期間」を記載しております。 こちらは輸入商品につき、国内在庫分の手配が取れない場合、海外発注となります。 海外発注での手配に際し、当方よりお客様へ「当方入荷予定時期」をお伝えするとともに、「ご注文継続の意思確認」をさせていただきます。当方からのメール又はFAXでの連絡が届きましたら、ご返信のほどお願いいたします。
※ご注文の際は、事前に「ご利用案内」もお読み下さい。

■収録曲■

1. アルト・サクソフォン協奏曲:第1楽章 レイディアント・ブルース ( Alto Saxophone Concerto: I. Radiant Blues )
[ チャールス・L・ブッカー Jr. ( Charles L. Booker Jr. ) ] ( 7:39 )
テキサス州立大学ウインドアンサンブル / アルトサクソフォン・ソロ:トッド・オクスフォード (Todd Oxford )

2. アルト・サクソフォン協奏曲:第2楽章 ラメント ( Alto Saxophone Concerto: II. Lament )
[ チャールス・L・ブッカー Jr. ( Charles L. Booker Jr. ) ] ( 6:58 )

3. アルト・サクソフォン協奏曲:第3楽章 フェアウェル ( Alto Saxophone Concerto: III. Farewell )
[ チャールス・L・ブッカー Jr. ( Charles L. Booker Jr. ) ] ( 4:20 )

4. テューバとウインド・バンドのための「コンチェルティーノ」 ( Concertino )
[ チャールス・L・ブッカー Jr. ( Charles L. Booker Jr. ) ] ( 7:16 )
メンフィス大学ウィンドアンサンブル / テューバ・ソロ:ケヴィン・サンダース (Kevin Sanders)

5. ピアノとウインド・アンサンブルのための「カプリッチョと間奏曲」 ( Capriccio and Intermezzo for Piano & Wind Ensemble )
[ チャールス・L・ブッカー Jr. ( Charles L. Booker Jr. ) ] ( 7:23 )
アーカンサス大学フォート・スミス・シンフォニックバンド / ピアノ・ソロ:ロジリー・ウォーカー (Rosilee Walker)

6. 組曲「ブリリアント・レガシー」:第1楽章 ブラザー ( Brilliant Legacy: I. Brother )
[ チャールス・L・ブッカー Jr. ( Charles L. Booker Jr. ) ] ( 4:09 )
ハーディングス大学ウインド・アンサンブル

7. 組曲「ブリリアント・レガシー」:第2楽章 ホーム ( Brilliant Legacy: II. Home )
[ チャールス・L・ブッカー Jr. ( Charles L. Booker Jr. ) ] ( 3:17 )

8. 組曲「ブリリアント・レガシー」:第3楽章 スウィング ( Brilliant Legacy: III. The Swing )
[ チャールス・L・ブッカー Jr. ( Charles L. Booker Jr. ) ] ( 3:59 )

9. スイッチバック ( Switchback )
[ チャールス・L・ブッカー Jr. ( Charles L. Booker Jr. ) ] ( 6:46 )
フレンズ大学コンサート・バンド

■メーカー、出版社、作編曲家等からのコメント■

アメリカで注目を浴びている作曲家の一人、チャールス・L・ブッカー Jr.の作品集です。
チャールス・ブッカーJr. は元アメリカ陸軍ジャズアンバサダーのディレクターでもあったことからジャズやポップスの要素を取り入れ、明るく聞き心地の良い作品がとても多いのが特徴です。
アルバムタイトルのレイディアント・ブルースは、アルト・サクソフォン協奏曲の第1楽章ですが、ジャズのビバップの形態が使われ、ブッカーらしさが光ります。また弟を亡くしてしまった悲しみを描いた第2楽章、友人との別れを描いた第3楽章など哀愁感も漂う作品となっています。また、軽快なメロディーが特徴的なテューバとウインド・バンドのための「コンチェルティーノ」や、ピアノとウインド・アンサンブルのための「カプリッチョと間奏曲」など全5作品を収録しています。