商品番号:505891 / 商品カテゴリー:ソロ 打楽器 / 商品種別:CD(輸入盤)


 
 
数量
商品名
ソロ 打楽器 CD(輸入盤)
ザ・ゴールデン・アップルズ・オブ・ザ・サン THE GOLDEN APPLES OF THE SUN
スティーヴン・ミードも絶賛!「ブラスバンドの打楽器」の新たな可能性を切り拓く、福原泰明のデビュー・ソロアルバム
演奏
福原泰明 (パーカッション)、レイランド・バンド
指揮
リチャード・エヴァンス
レーベル:World of Sounds-Fukuhara WOS 071
販売価格:2160 円(税込)
在庫状況:無し (取り寄せ)

当方入荷までの目安(国内発注):約2〜4営業日
当方入荷までの目安(海外発注):海外発注はありません
 
ご注文いただいてからの、お取り寄せとなります。
※ご注文の際は、事前に「ご利用案内」もお読み下さい。

■収録曲■

1. バトルフィールド ( Battlefield )
[ デイヴィッド・ダンフォード ( David Danford ) ] ( 3:33 )
世界初録音

2. 桜の幻影 ( Dream of the Cherry Blossoms )
[ 安倍圭子 ( Keiko Abe ) ] ( 5:51 )
無伴奏

3. テキサス・ホーダウン ( Texas Hoedown )
[ デイヴィッド・フリードマン ( David Friedman ) ] ( 7:03 )
無伴奏

4. マリンバ協奏曲:第1楽章 ( Marimba Concerto: 1st mov. )
[ デイヴィッド・ダンフォード ( David Danford ) ] ( 4:55 )
世界初録音

5. マリンバ協奏曲:第2楽章 ( Marimba Concerto: 2nd mov. )
[ デイヴィッド・ダンフォード ( David Danford ) ] ( 5:12 )
世界初録音

6. マリンバ協奏曲:第3楽章 ( Marimba Concerto: 3rd mov. )
[ デイヴィッド・ダンフォード ( David Danford ) ] ( 4:42 )
世界初録音

7. スオミネイト ( Suomineito )
[ ネボイシャ・ヨヴァン・ジヴコヴィッチ ( Nebojsa Jovan Zivkovic ) ] ( 4:20 )
無伴奏

8. 無煙炭の踊り ( Anthracite Dances )
[ ジェイムズ・マクファディエン ( James McFadyen ) ] ( 4:55 )
世界初録音

9. パッヘルベルのカノンによるトランスフォーメーション ( Transformation of Pachelbel's Canon )
[ ヨハン・パッヘルベル ( Johann Pachelbel ) / arr. 三村奈々恵 ( Nanae Mimura ) ] ( 8:18 )
無伴奏

10. ザ・ゴールデン・アップルズ・オブ・ザ・サン:I. スルー・ホロウランズ・アンド・ヒリーランズ ( The Golden Apples of the Sun: I. Through hollow lands and hilly lands )
[ ロドニー・ニュートン ( Rodney Newton ) ] ( 7:38 )
世界初録音

11. ザ・ゴールデン・アップルズ・オブ・ザ・サン:II. ザ・シルバー・アップルズ・オブ・ザ・ムーン ( The Golden Apples of the Sun: II. The silver apples of the moon )
[ ロドニー・ニュートン ( Rodney Newton ) ] ( 5:54 )
世界初録音

12. ザ・ゴールデン・アップルズ・オブ・ザ・サン:III. ザ・ゴールデン・アップルズ・オブ・ザ・サン ( The Golden Apples of the Sun: III. The golden apples of the sun )
[ ロドニー・ニュートン ( Rodney Newton ) ] ( 13:13 )
世界初録音

■メーカー、出版社、作編曲家等からのコメント■

イギリス、レイランド・バンドで打楽器奏者として活躍している福原泰明のソロアルバムの登場です。
マリンバ、シロフォン、ヴィブラフォンなどの無伴奏独奏曲4作品、レイランド・バンド伴奏による世界初録音となる打楽器ソロ曲4作品の全8作品を収録。注目は、タイトルチューンとなっているロドニー・ニュートンの「ザ・ゴールデン・アップルズ・オブ・ザ・サン」。福原自身により委嘱され、2013年1月、「RNCM フェスティバル・オブ・ブラス」において世界初演、好評を博しました。
福原泰明の卓越した技術と類い希なる音楽性が、「ブラスバンドの打楽器」の新たな可能性を切り拓きます。打楽器奏者のみならず、ブラスバンドファン必聴の一枚です。