商品番号:505935 / 商品カテゴリー:吹奏楽 / 商品種別:CD(国内盤)


 
 
数量
商品名
吹奏楽 CD(国内盤)
バレエ組曲「シバの女王ベルキス」: オオサカン・ライブ・コレクション VOL. 16
吹奏楽のカリスマ=ヤン・ファンデルローストがオオサカンの首席客演指揮者に就任!今回は自作のみならず至高の編曲作品を取り上げる!
演奏
フィルハーモニック・ウインズ 大阪
指揮
ヤン・ファンデルロースト
レーベル:グリーンミュージック YGMO 1017
販売価格:2700 円(税込)
在庫状況:無し (取り寄せ)

当方入荷までの目安(国内発注):約2〜4営業日
当方入荷までの目安(海外発注):海外発注はありません
 
ご注文いただいてからの、お取り寄せとなります。
※ご注文の際は、事前に「ご利用案内」もお読み下さい。

■収録曲■

1. 歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲 ( Overture from "Russlan and Ludmilla" )
[ ミハイル・グリンカ ( Mikhail Ivanovich Glinka ) / arr. マーク・ハインズレー ( Mark Hindsley ) ]

2. 管楽器のためのアダージョ ( Adagio for Winds )
[ ヤン・ファンデルロースト ( Jan Van der Roost ) ]

3. シンフォニエッタ 〜水都のスケッチ〜:水都に着いて ( Sinfonietta -Suito Sketches-: The Landing )
[ ヤン・ファンデルロースト ( Jan Van der Roost ) ]

4. シンフォニエッタ 〜水都のスケッチ〜:剣舞 ( Sinfonietta -Suito Sketches-: Sword Dance )
[ ヤン・ファンデルロースト ( Jan Van der Roost ) ]

5. シンフォニエッタ 〜水都のスケッチ〜:河畔の夕暮れ ( Sinfonietta -Suito Sketches-: Nightfall by the River )
[ ヤン・ファンデルロースト ( Jan Van der Roost ) ]

6. シンフォニエッタ 〜水都のスケッチ〜:未来に向かって ( Sinfonietta -Suito Sketches-: Towards the Future )
[ ヤン・ファンデルロースト ( Jan Van der Roost ) ]

7. オオサカン・ジュビリー ( OSAKAN Jubilee (Grand Overture) )
[ ヤン・ファンデルロースト ( Jan Van der Roost ) ]
創立15周年記念委嘱作品

8. バレエ組曲「シバの女王ベルキス」:ソロモンの夢 ( Suite from the Ballet "Belkis, Regina Di Saba": The Dream of Solomon )
[ オットリーノ・レスピーギ ( Ottorino Respighi ) / arr. 木村 吉宏 ( Yoshihiro Kimura ) ]

9. バレエ組曲「シバの女王ベルキス」:戦いの踊り ( Suite from the Ballet "Belkis, Regina Di Saba": War Dance )
[ オットリーノ・レスピーギ ( Ottorino Respighi ) / arr. 木村 吉宏 ( Yoshihiro Kimura ) ]

10. バレエ組曲「シバの女王ベルキス」:夜明けのベルキスの舞い ( Suite from the Ballet "Belkis, Regina Di Saba": The Dance of Belkis at Dawn )
[ オットリーノ・レスピーギ ( Ottorino Respighi ) / arr. 木村 吉宏 ( Yoshihiro Kimura ) ]

11. バレエ組曲「シバの女王ベルキス」:狂宴の踊り ( Suite from the Ballet "Belkis, Regina Di Saba": Origiastic Dance )
[ オットリーノ・レスピーギ ( Ottorino Respighi ) / arr. 木村 吉宏 ( Yoshihiro Kimura ) ]

12. テルプシコーレ ( Terpsichore )
[ ヤン・ファンデルロースト ( Jan Van der Roost ) ]

■メーカー、出版社、作編曲家等からのコメント■

フィルハーモニック・ウインズ大阪の創立15周年という記念すべき年に、いずみホールという素晴らしいホールで定期演奏会が9月23日に開催されました。卓越した技術を持ったこの楽団を指揮するのは今回で3度目の事です!今回は私自身の作品である『シンフォニエッタ』や『管楽器のためのアダージョ』といった「吹奏楽の古典作品」と、グリンカやレスピーギの「優れたクラシック編曲作品」に加え、オオサカンより委嘱を受けた「祝典序曲」の初演を行いました。新曲である『オオサカン・ジュビリー』は、当初7〜8分の曲をということで依頼されましたが、最終的には15分程度(…まさに「15周年記念」にふさわしいですよね!)の壮大な序曲となりました。そして、この曲は私にとっても特別な作品となりました。誰よりも先に新作を初演するというのは、常にとても嬉しいもので、わくわくする瞬間なのです!さらに今年はアドルフ・サックス氏(1814年ベルギー・ディナン生、1894年フランス・パリ没)の生誕200周年でもあり、ベルギー出身の「天才」に世界中から注目が集まりました。それゆえにこの曲の中間部には、サキソフォンを発明し、サクソルン族(=フリューゲルホルン、バリトン、ユーフォニアム、テューバなど…)を発展させたサックス氏への敬意を込め、これらの楽器を用いたパッセージを含めました。彼の多大なる音楽的な貢献なしには、世界的な「吹奏楽の進化」は今日あるものとは全然違うものになっていただろうし、あるいは存在すらしなかったかもしれません…。
現代の吹奏楽の多様性を描いた、この「ライヴ録音」を皆さんが気に入ってくれることを願っています。このCDには、異なる時代の様々なスタイルの音楽が入っており、このような多彩で高いレベルを持った楽団と一緒に演奏することで、それらがとても素晴らしいものになっています。これからもさらに多くの録音がなされていくことを願っています。どうぞお楽しみください!−ヤン・ファンデルロースト

■収録:2014年9月23日(第17回定期演奏会ライブ) / いずみホール(大阪府)